イヌリンの効果・効能

イヌリンの効果、効能は①血糖値の上昇をゆるやかにする ②血中の中性脂肪を下げるの2点

イヌリンの効果効能

イヌリンの効果、効能として①血糖値の上昇をゆるやかにする②血中の中性脂肪を下げるがあります。

こうした効能により薬日本堂のイヌリンは多くの人から愛される商品になっています。

また、①血糖値の上昇をゆるやかにする②血中の中性脂肪を下げるはダイエット効果にも結びついていきます。

血糖値の上昇をゆるやかにする

血糖値の上昇をゆるやかにできるのは糖の吸収を防ぐ働きがあるからです。

糖の吸収は小腸で行われますが、イヌリンは水溶性の食物繊維をたくさん含んでいるため
胃の中でかさが増し、大きく膨らみます。

大きく膨らむことで、栄養分が小腸に辿り着くのが遅くなります。

糖の吸収を遅くすることにより、血糖値の急激な上昇を防げる(=低GI値化)ため
太り辛くなります。

イヌリンと血糖値の関係詳しく

血中の中性脂肪を下げる

脂肪の合成・蓄積を防ぐからなんですが、単純にそう言われてもなぜ?と思う事でしょう。

先ほど申し上げた糖の吸収を遅くして血糖値の急激な上昇を防ぐことで
インスリンの過剰分泌を防ぐことができます。
インスリンが過剰に分泌されると、体内では糖を体内にため込むように働きかけられます。

ようするに、脂肪を作るということになります。

しかし、実際には脳や身体を動かすのに糖を使う必要があるため、脂肪が作られてしまうと本来必要な糖が不足してしまいます。

すると脳は空腹感を出してさらに食事を取るよう身体に命令を出してしまいます。

よって、何も考えずに普通に食事を取ると「インスリン」の働きにより脂肪の合成や蓄積、空腹感を感じるなどの弊害がありますが
イヌリンの効果で糖の吸収を遅くして血糖値の急激な上昇を防ぐことでインスリンの過剰分泌を防ぐことができます。

つまり、脂肪の合成や蓄積、空腹感を感じることを防ぐことができるのです。

イヌリンと中性脂肪の関係詳しく

イヌリンで痩せる仕組み

太る体質や原因である「インスリン」に間接的に働きかけることができるためダイエットにも用いられています。

暴飲暴食を繰り返し、インスリンが過剰分泌されるところに、イヌリンを摂取することで食事が低GI値化し、血糖値の上昇がゆるやかになります。

よってインスリンの過剰分泌が抑制されます。

そうするとインスリンの過剰分泌によって引き起こされていた空腹感や脂肪の合成や蓄積が止まるという流れで身体のバランスが整っていきます。

イヌリンの効果・効能まとめ

①血糖値の上昇をゆるやかにする⇒糖の吸収を防ぐ働きがあるから
②血中の中性脂肪を下げる⇒脂肪の合成・蓄積を防ぐから

太る原因であるホルモン「インスリン」の分泌を抑えることができる
⇒ダイエットに効果的

イヌリンに興味がある方は是非、イヌリンの公式ホームページをご覧ください。

イヌリン公式HP
イヌリンの副作用だけ見ておく